ジムニー初心者のページ www.JA22.net  
 

スターターリレー

 
スターターリレー配線図 冬に−20℃以下になるとセルの回りが遅くなったり、回らなくなることがあります。夏場は、問題なくエンジンがかかります。バッテリーを新しくしましたが、改善されなかったので、スターターリレーを付けてバッテリーから直接セルモーターのマグネットスイッチに電気が流れるようにしました。
参考にしたホームページは、ジムニーJA11初心者工房さんです。
すごい詳しく書かれているので、大変勉強になります。いつも、ありがとうございます。

配線イメージは、左の図のようになります。
イグニッションスイッチがONになると、リレーのコイルに電気が通り、バッテリーからの配線セルモーターの配線がつながり、直接セルモーターに電流が流れます。
これが出来上がったスターターリレーです。同じような物が売っているのを良く見かけます。
使ったのは、エーモンのリレーとヒューズホルダーです。
配線のつなぎ目を作るのがやだったので、カプラー用端子セットを使って、直接リレーに配線をつなげました。
割り込ませるカプラーは、エーモンの1121 カプラー1極がピッタリあいます。
バッテリーの前あたりにある、1極のカプラーにリレーを割り込ませます。
これがJA22のイグニッションスイッチから、セルモーターにつながっている配線のようです(黒に黄色のラインが入った、太い配線)。
このカプラーを外すとセルモーターが回らないのを確認しました。
注意※一応、ディーラーや詳しい方に確認してください。

まず、バッテリーのマイナス端子を外します。
カプラーを割り込ませて、イグニッションスイッチからの電流を逃がすアースをボディーにつなげます。 後は、ヒューズを挿んだ線をバッテリープラスにつなげます。
わかりにくいですが、これが配線が終わった写真です。
黄色のリレーは、ホーンリレーです。

願を込めて、キーを回すとセルが回ってエンジンがかかりました。後は冬まで様子を見てみます。

これで正しいのかな??(笑)


カーオーディオ ステアリング キーシリンダー照明取り付け フロントバンパー
ライト消し忘れブザー作成 オイルキャッチタンク取り付け 無段階間欠ワイパー作成 フューエルタンクキャップ交換
スピーカー交換 ターボパイプ交換 エンジンスターター取り付け ウィンカー交換(フロント・サイド)
ハザードスイッチ増設 アーシングシステム ホーン交換 スパークプラグ・プラグケーブル
フューエルフィルター交換 デスビ付近のオイル漏れ修理 プロペラシャフトのグリースアップ リアバンパー取り外し
リア ウォッシャーホース修理 ポータブル カーナビ取り付け リア ナンバー移動 スターターリレー
エアコンフィルター エンジンオイル交換 O2センサー交換 ラジエーターキャップとクーラント
フロントグリル ヘッドカバーのガスケット交換 スイッチのイルミ化 リアバンパー交換
ステーカット サビ取り塗装 ガソリンタンクガード ETC取り付け オルタネーター交換
スターターモーター/セルモーター      
       
      その他の整備
      リンク
ジムニー JA22W サービスデータ
 
 
トップページ
 
このホームページに記載のイラスト・写真・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
ジムニー初心者のページ www.ja22.net 2009