ジムニー初心者のページ www.JA22.net  
 

オルタネーター交換

 

一ヶ月の間に、バッテリーが2度上がったので電圧を測ったところ、
エンジン停止時に12.7Vで、バッテリーは正常。アイドリング時に12.0V前後で、まったく発電していないようなのでオルタネーターの故障と判断しました。(正常、13.5〜15.0V)
本当は、電圧でなく電流量を測って判断するそうです。
直流用のクランプメーター をオルタネーターから出ている太い線(B端子)にかけて、電気負荷最大、2500〜3000rpmの状態で、公称出力の70%以上あれば正常だそうです。
JA22のオルタネーターは、55Aぐらいなので38.5A以上で正常です。

まずは、バッテリーの端子を外します。
B端子は、バッテリーのプラスにつながっているのでボディーと触れるとショートするので注意
次にテンショナーのボルト2つを緩めてベルトを外します。(通常は6ミリの六角レンチで緩めます。ベルトを張る時は、下のボルトを外して10ミリの六角レンチを差し込んで張りを調整します。)
後はオルタネーターを取り付けているボルト3本を外します。

交換後、電気負荷がコンポだけでアイドリング時の電圧は14.4Vぐらいで正常です。

最初、オークションでリビルド品を買おうと思いましたが、保証が6ヶ月または10000kmは、やめたほうがいいと言うことで、BOSCHのリビルト品(純正品番:31400-50E11)にしました。この値段で、3年または60000kmの保証は安心です。送料も、外したオルタネーターの返却送料も無料です。

交換して1ヶ月たった感想は、ライトが以前より明るくなり、エンジンの調子も良くなった感じです。おもに夜乗ることが多いですが、バッテリーの電圧が下がる事がまったくありません。もともとオルタネーターが弱っていたんですね。


カーオーディオ ステアリング キーシリンダー照明取り付け フロントバンパー
ライト消し忘れブザー作成 オイルキャッチタンク取り付け 無段階間欠ワイパー作成 フューエルタンクキャップ交換
スピーカー交換 ターボパイプ交換 エンジンスターター取り付け ウィンカー交換(フロント・サイド)
ハザードスイッチ増設 アーシングシステム ホーン交換 スパークプラグ・プラグケーブル
フューエルフィルター交換 デスビ付近のオイル漏れ修理 プロペラシャフトのグリースアップ リアバンパー取り外し
リア ウォッシャーホース修理 ポータブル カーナビ取り付け リア ナンバー移動 スターターリレー
エアコンフィルター エンジンオイル交換 O2センサー交換 ラジエーターキャップとクーラント
フロントグリル ヘッドカバーのガスケット交換 スイッチのイルミ化 リアバンパー交換
ステーカット サビ取り塗装 ガソリンタンクガード ETC取り付け オルタネーター交換
スターターモーター/セルモーター      
       
      その他の整備
      リンク
ジムニー JA22W サービスデータ
 
 
トップページ
 
このホームページに記載のイラスト・写真・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
ジムニー初心者のページ www.ja22.net 2009