ジムニー初心者のページ www.JA22.net  
 

ラジエーターキャップとクーラント

 
ラジエーターキャップを新しくしたら、ラジエーター下のドレンプラグからクーラントが漏れてきたので、プラグとガスケットを交換することにしました。

ラジエーターキャップは純正なのに、古くて機能してなかったんですね。
(17920-60B21 キャップ)
ラジエーター裏のドレンプラグです。
今回は、このプラグとOリングを交換します。

部品番号
17751-72010  プラグ, ドレーン
17759-72010  ガスケット, ドレーン プラグ

まずこのプラグをゆるめてクーラントを抜きます。
クーラントが抜け切ったら、プラグとOリングを交換してクーラントを戻します。
クーラントを入れるときは、エアーの吹き返しがあるのでこの様な道具を使います。(スピールフリー ファンネル
クーラントを入れてインマニのボルトをゆるめてある程度エアーを抜きます(↓参照)。エンジンをかけて暖機運転をするとポコポコとエアーが抜けてきます。しばらく続けてエアーが出なくなったら、残りをリザーバータンクのメモリまで入れて、ラジエーターキャップを閉めます。
これで何日か走っていると、完全にエアーが抜けてタンク内のクーラントが減って、量が安定します。安定したら、少し補充します。
前にペットボトルを切って使ってたサイトがあったので、やってみると熱でグニャグニャになって最悪の状態になりました。
これはインマニの上にある、エアー抜きのボルトです。
エンジンをかける前に、ここをゆるめてエアーを抜きます。スーって音がしてある程度ぬけます。クーラントが出てきたらOKです。
クーラントを完全に抜き取るときも、ここをゆるめます。

漏れは直りました。他から漏れてこない事を祈ります・・・。


カーオーディオ ステアリング キーシリンダー照明取り付け フロントバンパー
ライト消し忘れブザー作成 オイルキャッチタンク取り付け 無段階間欠ワイパー作成 フューエルタンクキャップ交換
スピーカー交換 ターボパイプ交換 エンジンスターター取り付け ウィンカー交換(フロント・サイド)
ハザードスイッチ増設 アーシングシステム ホーン交換 スパークプラグ・プラグケーブル
フューエルフィルター交換 デスビ付近のオイル漏れ修理 プロペラシャフトのグリースアップ リアバンパー取り外し
リア ウォッシャーホース修理 ポータブル カーナビ取り付け リア ナンバー移動 スターターリレー
エアコンフィルター エンジンオイル交換 O2センサー交換 ラジエーターキャップとクーラント
フロントグリル ヘッドカバーのガスケット交換 スイッチのイルミ化 リアバンパー交換
ステーカット サビ取り塗装 ガソリンタンクガード ETC取り付け オルタネーター交換
スターターモーター/セルモーター      
       
      その他の整備
      リンク
ジムニー JA22W サービスデータ
 
 
トップページ
 
このホームページに記載のイラスト・写真・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
ジムニー初心者のページ www.ja22.net 2009